冬に入る頃になるとふとしたことから肩の筋がおかしくなって・・・

冬に入る頃になるとふとしたことから肩の筋がおかしくなって・・・

57歳女性 自営業の方からの質問です

3年前からなのですが、冬に入る頃になるとふとしたこと
(例えば物を取ろうと手をひねるなど)から
肩の筋がおかしくなって、そのまま固まったように可動範囲が狭くなり
(特に手を上げることが難しくなる)、かつ動かす時に痛みも感じます。

年齢的に五十肩なのかなと思っているのですが、夏の気温が高くなる頃になると自然に治ります。
ただ、このような症状が毎年起き、症状が続く期間も年々長くなっているような気がするので、
冬になるのが怖いです。

肩を出来るだけ冷やさないようにはしていますが、あまり効果はないようです。
このような症状は冬に入る前から整骨院や整体院で定期的に施術を受ければ、
繰り返し起こさないようになりますか?

回答

筋肉が疲労物質を溜め込んで来ると、これ以上耐え切れなくなると、
その疲労物質をとるために血液を欲しがって痛みを出します。
つまり、治すために痛みを出します。

ですので、夏は暖かいので血管も拡張するので疲労物質をとる量も多く
なるので、痛みは出にくくなります。

ところが冬は、寒くなるので血管も収縮し、血流量が少なくなり、
疲労物質をとる量が少なくなり、疲労物質が溜まりやすくなるので、
治すために痛みを出しやすくなります。

ですので、きちんと疲労物質を取れるところで整体を受けると良いです。
因みに、整骨院は骨折、捻挫、打撲、脱臼が専門なので、慢性痛は不得意です。
疲労物質をきちんと取れる整体院がお勧めです。